SSブログ

楽譜の間違いについて [音楽雑談]

最近は無料の楽譜ダウンロード・サイトがあちこちにあって、時々利用することもあるのですが、総じて海外のサイトは、いいかげんなものが多いです。

先日、ショパンのノクターン(遺作)が必要になったのですが、なぜか見当たらないので、ある海外の無料楽譜サイトで、ダウンロードしてきました。

が、これがいいかげんな楽譜で、タイはついてないは、音はところどころぬけてるは、誤植はあるは、で結局使い物になりませんでした。

曲を知っているから、おかしい、とわかったものの、もし知らないで鵜呑みにしていたら怖いな~と思います。

かといって、出版社から出ている楽譜が100%正しいかといえば、そうとも言えないのが現状です。

以前、ブラームスの「2つのラプソディ」が課題になったので、予算の都合でピースを買ったら音が間違っていて(誤植)、仕方なくまた分厚い高い楽譜を買いなおしたことがありました。

これもCDを持っていてよく聞いていたから気づいたようなものの、知らない曲だったり、CDにもなっていない曲だったら、とても困ると思います。
新曲を練習する時は、なんらか楽譜を確かめる手段が必要になってくるのです。

特に上級用の楽譜はあんまし売れないので、落丁、乱丁、誤植等があっても、気づかずそのまま、ということがあるようです。

しかし、上級用だけではなく、初級用でものけぞるような大ミスがあるのを、ご存知ですか?

誰もが知っている楽譜の出版社、全○の「子供のバイエル」という大大ベストセラーの楽譜ですが・・・。

ちなみにここだけの話、全○の売り上げのほとんどがこの「子供のバイエル」で、他の楽譜は細々としか売れていない、と聞いたことがあります。

その「子供のバイエル」の、スケールの説明のところですが、ハ長調もト長調も、ニもイも、長調は全部、「調長」になっているのデス・・・・

実は私が子供の頃、この楽譜で勉強したのですが、ず~~っとそのまま、当時も「間違ってるな」と気づいていたけど、そのうち直るだろうと思ってました。

が、そのまま・・・・・。(何十年ですよ・・・)(^_^;)

私が講師資格を得て、子供を教え始めたときも、「あ~、まだ直ってない。」と思った記憶がありますし、最近入ってきた生徒さんが持ってきた「子供のバイエル」を見たときは、「も~、いいよ、いいよ、このままいってくれ~」と言いそうになりましたね。(^_^;)

音とは関係ないから、ま、いいか、でほったらかしなのか、気づいてないだけなのか・・・・

どっちなのかとても気になるな~ (^^♪

子供のバイエル 下―初級  ←  うぅ、懐かしい・・・・

     これは下巻です。 これが「調長」の嵐!

    もうそろそろ直ったかな~? でも今うちには子供の生徒が少ないし、この本は  
    あんまり使ってないのです。 で、確かめようがない・・・・・


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

 わお、ほんとですか、すごいな……。
 私も、自分のバイエル(持っているんですよ、黄色表紙のものを)で、確かめてみます。
 
by (2007-06-13 15:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。