SSブログ

プロコフィエフ 古典交響曲と「予想外のBGM」 [音楽雑談]

先日、生徒さん数名と一緒にプロコフィエフの「古典交響曲」などを聞きに行った。

プロコフィエフといえば、私のなかでは「ちょっとへんちょこりんなメロディーを書く作曲家」というイメージが強く、「ピーターと狼」を除いてはややとっつきが悪かった。 

昨年の秋、神戸の某バレエ団の「シンデレラ」公演を見に行ったが、この時も同じく「やっぱりプロコフィエフって、きっと変人なんだ。」というイメージは変わらなかった。(音楽はプロコフィエフ)

しかし、今回「古典交響曲」を聞いて、あら、なんと聞きやすくて可愛い曲なんでしょう、これは入門編にはぴったりですわ~、に180度印象が変わってしまった。

なんと演奏時間が20分ほど、というミニサイズであるので、え、もう終わりかよ?という人もいるが、お子ちゃまや、オーケストラは初めて、という人にはいいのではなかろうか?

それにしても、最近CMでプロコフィエフがよく流れているような気がする。

この間も確か「ピーターと狼」が、何かのCMに使われていたような気が・・・・・

その口火を切ったのは、やはりソ○トバ○クのCMだろう。
「予想外です。」のバックに流れていたのは、これもまたバレエ「ロメオとジュリエット」の中の「モンタギュー家とキャピュレット家」でありました。

この曲はまた、「のだめカンタービレ」のドラマで、シュトレーゼマンが出てくる時にも流れてましたね。

怪しい人にはぴったりのBGMかも。(^_^;) ただしちょっと聞き厭き感も・・・・・

プロコフィエフ/交響曲第1番ニ長調 ← 小澤さんのは、画像リンクがなかったので、止むを得ず。 

   これわシャルル・デュトワの指揮です。

 

 

あ~んど、「ロミオとジュリエット」の「モンタギュー家とキャピュレット家」は、今やこんなところにもアップされています。パソコンからなら、無料で試聴できます。

モンタギュー家とキャピュレット家


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

はっさく

こんにちは。以前1回おじゃましたことのある、はっさくと言います。最近気になっているプロコフィエフの話だったので反応してしまいました。
「古典交響曲」聴いてみようと思います。

「シンデレラ」は妙ちきりんなメロディー多いですよね~。私もバレエ観た時、ストーリーや衣装や装置の乙女チック路線と、音楽の雰囲気がかけ離れているので困惑しました。でも繰り返し聴いていると、「音楽単体としては」結構好きになってきましたけど。
by はっさく (2007-05-20 12:49) 

hirosonya

はっさくさん、こんにちは。
ほんと、妙ちきりん(笑)ですよね~(^_^;)

でも「古典交響曲」は可愛いですよ。
ぜひ。(^^♪
by hirosonya (2007-05-20 18:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。